FINE 2021-2023
176/242

173評価4~5級1~3級ウレタンコート壁紙試験材一般ビニル壁紙[試験結果]汚れ・キズに強く、施工性にも優れた壁紙[試験方法]壁紙工業会規定 表面強化壁紙性能試験に準ずる。[評価基準]所定の摩擦子(荷重200g)を取り付け5回往復させ、 目視により表面のキズつき度合いを評価する。 5級:一見視で特に変化がみられない 4級:多少表面キズがみられるが、比較的大きな表面層の破れなどはみられない 3級:表面層の破れが明確にみえる 2級:表面が破れて紙などの裏打ち材が明らかにみえる(長さ1cm未満) 1級:表面が破れて紙などの裏打ち材が明らかにみえる(長さ1cm以上)■ 表面強化性能試験結果1. 表面が強くキズがつきにくい壁紙の表面に環境にやさしい水性のウレタン樹脂をコーティングし、表面強度をアップ。 生活キズを軽減します。2. 汚れが落としやすく、耐薬品性に優れる一般ビニル壁紙と比べて、汚れを拭き取りやすく、耐薬品性もかね備えるため、メンテナンス性に優れます。3. 施工性がよくマットな仕上がり刷毛すべりがよく、施工性に優れています。また、マットな表情も特長です。ウレタンコート壁紙■ 耐汚染性試験結果[試験方法]コーヒー、醤油、ソース、ジュース:水で拭き取る。水性ペン、油性ペン:水と台所用洗剤で歯ブラシを用いて汚れを落とす。クレヨン、口紅:水と台所用洗剤で歯ブラシを用いて汚れを落とし、ウェスで水気を拭き取る。[評価基準]JIS L 0805に定める汚染用グレースケールを用い、汚染度合いを評価する。◎:5級 汚れが残らない ◯:4級 ほとんど汚れが残らない △:3級 やや汚れが残る ×:2級 かなり汚れが残る ××:1級 汚れが濃く残るコーヒー汚染物質ウレタンコート壁紙一般ビニル壁紙アクリルコート品醤油ソースオレンジジュース水性ペンクレヨン油性ペン口紅○◎△~○◎◎○××~×△~○×~△×~△×○××××~××△~○△△~○◎△~○○~◎××~×△~○各種汚染物質に対する24時間後の汚れ防止性能を評価しています。※上記の試験結果は測定値であり、保証値ではありません。 ※色や柄によって試験結果は異なります。■ 耐薬品性試験結果薬品名ウレタンコート壁紙アクリルコート品次亜塩素酸ナトリウム(6%)◎◎◎◎△○○◎◎◎△◎◎◎△○△◎◎◎一般ビニル壁紙○◎◎◎×△△◎◎○無水エタノール(99.5vol%)アンモニア水(25%)過酸化水素水(3.5w/v%)ポピドンヨード(7%)塩酸(9.5%)ベンザルコニウム水溶液(10%)ホルマリン液(37%)クレゾール石鹸液(3%)シンナー(原液)各種薬品に対する24時間後の耐薬品性能を評価しています。[試験方法]JIS K 6902Bに準じ、汚染物質については当社基準による。[評価基準]色相変化および状態変化により総合評価を行う。色相変化:JIS L 0805に定める汚染用グレースケールを用い、汚染度合いを評価する。状態変化:目視により外観の状態変化を評価する。◎…変化なし ◯…軽微な変化 △…変化あり ×…明らかな変化ウレタンコート

元のページ  ../index.html#176

このブックを見る