NT700 2021-2023
7/76

N-4N-4エコマーク認定品(公財)日本環境協会エコマーク事務局の審査に合格した商品に使用できるマークです。エコリーフ環境ラベルエコリーフ環境ラベルは資源採取から製造、物流、使用、廃棄・リサイクルまでの、製品の全ライフサイクルにわたって、LCA(ライフサイクルアセスメント)による、定量的な環境情報を開示する環境ラベルです。グリーンラベルプラス認証グリーンラベルプラスは、米国のカーペット・ラグ協会「CRI」が定める室内空気環境基準に適合した商品につけられる認証マークです。グリーン購入法適合品2005年2月からカーペットタイルもグリーン購入法特定調達物品に指定されています。リサイクル材使用率25%以上(製品重量比)を使用した商品につけられます。エコマーク認定品(公財)日本環境協会エコマーク事務局の審査に合格した商品に使用できるマークです。エコリーフ環境ラベルエコリーフ環境ラベルは資源採取から製造、物流、使用、廃棄・リサイクルまでの、製品の全ライフサイクルにわたって、LCA(ライフサイクルアセスメント)による、定量的な環境情報を開示する環境ラベルです。グリーンラベルプラス認証グリーンラベルプラスは、米国のカーペット・ラグ協会「CRI」が定める室内空気環境基準に適合した商品につけられる認証マークです。グリーン購入法適合品2005年2月からカーペットタイルもグリーン購入法特定調達物品に指定されています。リサイクル材使用率25%以上(製品重量比)を使用した商品につけられます。▶環境ラベルについて▶環境ラベルについて「エコリーフ環境ラベル」を取得「エコリーフ環境ラベル」を取得 これまで環境ラベルの中では、「エコマーク」が代表的なラ これまで環境ラベルの中では、「エコマーク」が代表的なラベルでしたが、近年は、「エコリーフ環境ラベル」に注目が集ベルでしたが、近年は、「エコリーフ環境ラベル」に注目が集まっています。まっています。 「エコマーク」が、製品ごとに設けられた一定の基準を満た 「エコマーク」が、製品ごとに設けられた一定の基準を満たすと認定されるのに対して、「エコリーフ環境ラベル」はLCAすと認定されるのに対して、「エコリーフ環境ラベル」はLCA(ライフサイクルアセスメント)手法を用いて、資源採取、製造(ライフサイクルアセスメント)手法を用いて、資源採取、製造から廃棄・リサイクルまでの製品のライフサイクル全体を考えから廃棄・リサイクルまでの製品のライフサイクル全体を考えた環境情報を企業が自ら定量的に開示するEPD認証制度た環境情報を企業が自ら定量的に開示するEPD認証制度(※)のひとつです。これにより、使用する製品の環境負荷を(※)のひとつです。これにより、使用する製品の環境負荷を客観的に評価することができます。客観的に評価することができます。 サンゲツのカーペットタイルNT700は、「エコリーフ環境 サンゲツのカーペットタイルNT700は、「エコリーフ環境ラベル」の認証取得商品を掲載しています。これからも、カーラベル」の認証取得商品を掲載しています。これからも、カーペットタイルづくりを通して、持続可能な社会の構築に貢献ペットタイルづくりを通して、持続可能な社会の構築に貢献していきます。していきます。※一般社団法人サステナブル経営推進機構 エコリーフ環境ラベルプログラム※一般社団法人サステナブル経営推進機構 エコリーフ環境ラベルプログラムURL : https://sumpo.or.jp/program/URL : https://sumpo.or.jp/program/▶SDGsへの取り組み▶SDGsへの取り組み持続可能な社会の実現に向けてサンゲツは持続可能な社会の実現に向けてサンゲツは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。 「気候変動及びその影響の軽減」や「持続可能な生産消費形態の確 「気候変動及びその影響の軽減」や「持続可能な生産消費形態の確保」などを目的として、持続可能な世界に向けて取り組むべき17の目保」などを目的として、持続可能な世界に向けて取り組むべき17の目標と169のターゲットを定めたSDGsに取り組んでいます。標と169のターゲットを定めたSDGsに取り組んでいます。 サンゲツグループは2020年に、長期ビジョン【DESIGN 2030】で、 サンゲツグループは2020年に、長期ビジョン【DESIGN 2030】で、今後サンゲツが実現を目指す3つの社会的価値「みんなで(Inclu-今後サンゲツが実現を目指す3つの社会的価値「みんなで(Inclu-sive)、いつまでも(Sustainable)、楽しさあふれる(Enjoyable)社sive)、いつまでも(Sustainable)、楽しさあふれる(Enjoyable)社会の実現」を掲げました。会の実現」を掲げました。 その内のひとつ「Sustainable(いつまでも)」という環境面における その内のひとつ「Sustainable(いつまでも)」という環境面におけるマテリアリティを特定し、改善計画を立て取り組みを進めています。今マテリアリティを特定し、改善計画を立て取り組みを進めています。今回設定した環境配慮ランク「エコグレード」は、そのような試みの中で回設定した環境配慮ランク「エコグレード」は、そのような試みの中でつくられたものです。つくられたものです。

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る